オステオパシーとは

●オステオパシー手技療法

世界約20ヶ国で普及している解剖生理学に基付いた安全で効果的な、手技による全身療法です。

当院は日本人の身体感覚、自然治癒力を引き出し易い、フランス式のメソッドを長年実践して効果を上げています。

人体が内側から治癒回復できる仕組み、そうした自然体の再生を目指した調整になります。


●フィシオエナジェティック療法

ウィーン・スクール・オブ・オステオパシーの学長、講師から学んだこの療法は

2005年に当院に導入され、施術の効果と効率性が大きく高まりました。

腕長反射(AR: Arm length Reflex)という腕から体幹にかけての筋膜張力の変化で、身体の様々なストレスを分析し、調整していきます。

精神的な影響、人間関係、飲食と栄養、薬品、化粧品、アレルゲンなどの影響も対策することができます。


●メディカル・ダウジング・アーツ療法
【略称:M.D.A】

国際水準のオステオパシー手技療法と、欧州伝承のメディカル・ダウジング療法をベースに、当院で開発された施術法です。

M.D.Aでは身体を繊細で智性のある生命場、共鳴場として捉えます。自律調節系との高次の対話により、心身の治癒回復と経年安定、エネルギーの有効活用を促進します。

人間関係、進路や選択、所属や場所についてのご相談も承ります。M.D.Aのエナジーカウンセリングでは、皆様の高次の意識と連携して、生命場全体をバランスする方針や対策が示されます。

フローティングでは、クライアント様の状態に合わせて、最も効果が出る様な施術と担当者を考慮しております。