オステオパシーとは

オステオパシーはアメリカの外科医A.T Still博士が考案した、解剖生理学に基付く手技療法です。

1874年に発表されて以来、世界約20ヶ国で普及し、大学レベルでの教育が進められています。

オステオパシーは身体の様々な不調改善に役立ちますので、些細なことから深刻なお悩みまで、ぜひ一度ご相談下さい。

・筋肉の痛みと凝り
・関節の歪みと変形 
・手足の痺れと震え
・全身の疲労と消耗
・頭皮の張りと頭痛
・不眠と睡眠不良
・息苦しさと呼吸不足
・手足の冷えと浮腫み
・皮膚のアレルギー症
・生理不順や内臓不調
・筋腫・腫瘍・結石
・鬱・気力・活力の減退など

当院の施術はオステオパシーを主軸に、キネシオロジー(筋反射療法)とメディカル・ダウジング(生命場療法)を統合し、クライアント様ひとりひとりに合わせて、丁寧に仕上げていくオリジナルの施術です。

身体が内側から治癒回復できる仕組み、そうした自然体を再生する調整を日々大切に心掛けております。